~新たな5Gスマートフォン向けにワイヤレス充電リファレンスデザインの提供を開始~

2021年4月14日

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、ワイヤレス技術のリーディングカンパニーであるQualcomm Technologies, Inc.(以下クアルコム)との協業を拡大し、最新のQualcomm® Snapdragon™ 780G 5G Mobile Platformを搭載するミドルレンジのスマートフォンに向けて、最大30Wのワイヤレス充電機能を付加できるリファレンスデザインの提供を開始しました。フラッグシップ機向けの第一弾ソリューションは、現在サンプル出荷中であり、今回は第二弾となるスマートフォン向けワイヤレス充電のソリューションです。本リファレンスデザインの提供により、先進のワイヤレス給電機能がフラッグシップ機からメインストリーム機まであらゆる5Gスマートフォンに標準搭載されるよう、両社は協業を拡大して参ります。

 クアルコムの5Gモバイルプラットフォーム向けリファレンスデザインは、スマートフォンメーカがフラッグシップおよびミドルレンジのスマートフォンに高速ワイヤレス充電機能を簡単かつコスト効率よく実現することを目的としたターンキーソリューションです。MTP(Multi Time Programmable)不揮発性メモリの採用によりOTAアップデートも容易であり、ソフトウェア開発とQi認証プロセスを簡素化します。ルネサスのワイヤレス給電ソリューションは、85%を超えるエンドツーエンドのシステム効率を備えた集積度の高いソリューションであり、ワイヤレス給電をより多くのユーザが容易に搭載できるよう支援し、ワイヤレス給電技術の普及に貢献します。

 ルネサスのモビリティーインフラ・IoTパワー事業部、ワイヤレスパワーグループのVice President、Amit Bavisiは次のように述べています。「最先端のワイヤレス充電ソリューションを開発し、信頼性の高いワイヤレス給電の導入を支援する取り組みの一環として、クアルコムとの協業関係が拡大できたことを嬉しく思います。ルネサスの高集積な30W技術とクアルコムの最先端の5G技術の組み合わせにより、クラス最高のワイヤレス充電機能を備えたターンキーソリューションをOEMメーカに提供し、次世代のミドルレンジのスマートフォンに高速ワイヤレス充電を導入しやすくすることを目指します。」

 クアルコムのプロダクトマネジメント担当Vice President、Ev Roach氏は次のように述べています。「ルネサスとの協業を進めながら、よりシームレスでワイヤレスなユーザエクスペリエンスを提供することに全力を尽くしています。ルネサスと協力しつつ、メインストリームのモバイル機器向けにターンキーの高速ワイヤレス充電ソリューションを提供していきたいと考えています。」

 ルネサスのワイヤレス給電レシーバ「P9412」は、電力効率に優れた30W給電レシーバです。高電圧容量分圧器を内蔵しているため外付けのコンデンサが不要となり、他のソリューションと比べて約40%の実装面積を削減できます。また、安全で高速な充電を実現するために、デバイスのファームウェアにカスタムのハイパワープロトコルが組み込まれており、WPC(Wireless Power Consortium) EPP(Extended Power Profile)規格で定められている15Wを超える伝送電力を実現します。ルネサス独自のWattshareTM技術により、スマートフォンからイヤホンやスマートウォッチなどの別のアクセサリ機器にワイヤレス給電することもできます。

 ルネサスは、スマートフォンや各種アプリケーションで使用されるワイヤレス充電IC(PRx)と、充電パッドや車載アプリケーションで使用されるワイヤレス給電IC(PTx)の両方のワイヤレス給電ソリューションにおける世界的なリーディングカンパニーです。ルネサスのワイヤレス給電ソリューションの詳細は、こちらをご覧ください。renesas.com/wirelesspower

本リファレンスデザインは、ルネサスの営業所、販売代理店にご要求ください。

以 上

*QualcommおよびSnapdragonは、Qualcomm Incorporatedの商標または登録商標です。Qualcomm Snapdragonは、Qualcomm Technologies, Inc.およびその子会社の製品です。本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。